ポケモンカード「迅雷スパーク」収録カードの買取価格

ポケモン13

2018年に発売されたポケモンカードサンムーンシリーズの強化拡張パック「迅雷スパーク」に収録されたカードの買取価格を紹介します。特に雷タイプのカードがフィーチャーされた強化拡張パックであり人気の高いパックですが、その中でも、特に高額で取引されているカードについて、その理由と相場を紹介しますので売却する際の参考にしてください。

パルキアgx等の人気ポケモンカードは高く売れる?買取初心者でも実践出来る簡単なコツ

「迅雷スパーク」の代表カード、「ゼラオラGX」

ポケモン19

「ゼラオラGX」は「迅雷スパーク」のパックジャケットにもイラストが採用されている、このパックを代表するカードです。特性である「じんらいゾーン」によって、他のポケモンであっても雷エネルギーがついてさえいれば逃げるためのコストとなるエネルギーがなくなる、という効果を持っています。

ポケモンカードは自分のポケモンが相手によって気絶させられればその分だけ、相手が勝利に近づくとあって気絶させられそうなポケモンをベンチへとノーコストで逃がせる特性は強力です。このカード自身も高威力のワザを繰り出せるアタッカーとして、また一度きりのGXワザによって味方のポケモンにエネルギーをたくさんつけられる能力があり、特性だけが強みではないところも魅力です。

この「ゼラオラGX」はパックのジャケットになっているイラストを用いたRR仕様、イラスト違いでレリーフ加工されたSR仕様、SRの色違いとなっているHR仕様の3種類のレアリティがあります。それぞれで買取価格が異なり、最も手に入りやすいRRでは1枚1,000円程度、SRは1枚1,5000円程度、HR仕様では2,500円から3,000円で取引されています。

「迅雷スパーク」発売当初はより高額で取引されていましたが、「ゼラオラGX」と組んで活躍していた「レックウザGX」のデッキが「ゼラオラGX」に依存しないデッキタイプが流行したこともあって一時期よりも控えめな価格で取引されています。

運は絡むがデッキ次第では輝く「マグカルゴGX」

「マグカルゴGX」は特性「クラッシュチャージ」によってデッキの上から1枚をトラッシュに送ったときに、それが基本エネルギーならばポケモンにつけられる、という特性を持っています。もちろん、デッキの一番上が基本エネルギーである保証は無いのですが、もし基本エネルギーならば本来1ターンに1枚しかつけられないエネルギーを効率よくつけられる効果なのです。

運は絡むものの、攻撃の手を進められるとあって、炎タイプのデッキのみならず、エネルギーが多めに投入されているデッキであれば採用を検討できます。RR仕様の「マグカルゴGX」は1枚200円程度、SR仕様なら500円程度、HR使用であっても700円程度で取引されています。

進化を多用するデッキには「メタモン◇」

プリズムスター、というレアリティが存在するのをご存知でしょうか。ポケモンやトレーナー名の後に◇、と表記されるこのレアリティはデッキに1枚しか採用できず、使用するとトラッシュに行く代わりにロストゾーンという場所に送られるため、再利用が不可能であるという特徴があります。

そのような縛りのあるカードに相応しい強力なカードパワーを持っているカードが多いのですが、「迅雷スパーク」に収録された「メタモン◇」もデッキに1枚しか採用できないカードらしいパワーを持っています。「メタモン◇」はどんな1進化ポケモンにも進化できる、という効果があります。

進化ポケモンにしてみれば、たねポケモンが1枚増えていることと同義であり、より進化ポケモンを使いやすくなるのでデッキの動きは格段に良くなります。「メタモン◇」は進化を採用したデッキにおいては潤滑剤として活躍してくれます。

そんな便利なカードである「メタモン◇」ですが、このプリズムスターというレアリティのカードが30パックにつき1枚しか当たらない、というものであるため希少価値が高く、さらに「メタモン◇」の人気も手伝って1枚2,000円程度で取引されています。

今後も、強力な進化ポケモンが登場する度に価値が上がっていくであろう1枚です。

もう1枚のプリズムスターカード、「サンダーマウンテン◇」

ポケモン14

「メタモン◇」も強力なプリズムスターのカードですが、「迅雷スパーク」に収録されているもう1枚のプリズムスターカードである「サンダーマウンテン◇」も強力な1枚です。スタジアム、という場に出しっぱなしにして効果を発揮するカードですが、この「サンダーマウンテン◇」が出ている限り雷タイプのポケモンはワザを使うために必要なエネルギーが一つ少なくなります。

プリズムスターカードですので1枚しかデッキに採用出来ない、という制約はありますが、出しているだけで早いターンから高威力のワザを繰り出せる効果は大変強力です。また、「ゼラオラGX」と組ませることでデッキに採用するエネルギーの枚数を削減できる、というメリットがあり、デッキに採用できるカードを火力アップや展開、妨害に特化させることができます。

1枚しか採用できないカードですが、「ルチア」というトレーナーズカードで手札に加えることが可能です。「サンダーマウンテン◇」は1,200円程度で買取をされており、雷タイプのデッキが大会環境で活躍し続ける限り人気の1枚であり続けるでしょう。

雷タイプの基礎火力を高められる「エレキパワー」

アイテムカードである「エレキパワー」は雷タイプのポケモンのワザの威力を高める、という効果を持ったカードです。シンプルに攻撃力を上げることのできるカードですが、同じ火力アップカードの「こだわりハチマキ」とは異なり、どんなポケモンに対しても攻撃力の上昇が利用できるという特徴があります。

しかし、雷タイプのポケモンにしか使えず、1ターン限りの使い切りです。また、「デンリュウGX」など「エレキパワー」を再利用する効果のカードも登場しており、雷タイプのデッキでは必須とも言えるカードです。ノーマル仕様のモデルでは1枚50円程度の買取ですが、金色の枠が特徴的なSR仕様の「エレキパワー」は2,000円程度で買取されています。

ノーマルカードなのに強力な効果で人気、「ツボツボ」

「迅雷スパーク」に収録された「ツボツボ」は非常に強い効果を持っています。まず、ベンチにこのカードを出した時に、デッキから基本エネルギーをトラッシュに送ることができます。その後、この「ツボツボ」のワザによって、トラッシュにある基本エネルギーを2枚自分のポケモンにつけることができるカードです。

1枚でエネルギー加速が完成しているカードであり、草エネルギーが採用できるデッキであれば強力に展開をサポートできるとあってノーマルカードでありながら価格は比較的高値です。1枚200円から300円で買取されており、ノーマルカードの中では異色の1枚であると言えます。